【自殺の原因】脚本家の篠崎絵里子は何をした?

雑記

ドラマ「セクシー田中さん」の脚本を相沢友子が担当していましたが、9~10話を芦原妃名子が担当することとなり、それに対して相沢友子を中心に複数の人物が暗に批判のコメントをSNSを通じて行い、最終的に芦原妃名子さんの自殺に繋がっと報道がありました。

今回は篠崎絵里子がどんな人なのか、どんなコメントをしたのか、何が炎上に繋がったのか調べて見ました!

篠崎絵里子のプロフィールは?

氏名:篠﨑 絵里子(しのざき えりこ)
生年月日:1967年9月26日~
出身:神奈川県出身
職業:脚本家
学歴:横浜国立大学教育学部音楽科卒業
作品:<テレビドラマ>
ドラマ30(MBS)、婚姻関係、ドレミソラ、ショコラ、メモリー・オブ・ラブ
いま会いにゆきます、クロサギ(中略)、東野圭吾ミステリーズ・再生魔術の女
震える牛、ソロモンの偽証(2021年10月3日 – 11月21日、WOWOW)
クロサギ(2022年10月21日 – 12月23日、TBS)、落日(2023年9月〈予定〉 – 、WOWOW)
<映画>
映画 クロサギ(2008年3月8日、東宝)
あしたのジョー(2011年2月11日、東宝)
ガール(2012年5月26日、東宝)
人魚の眠る家(2018年11月16日、松竹)

SNS
X(Twitter)アカウント

何をした?

こちらの記事で言及していますが、相沢友子のSNSでの芦原妃名子への誹謗中傷に対して、

それに賛同するかのような発言をSNS上でしています。

それが自殺に繋がったといわれています。

世間からの反応は?

結果、そうなりましたね。
4人の方は十字架を背負って生きていって欲しいですね。

X(Twitter)より引用

脚本家って世の中に必要ですかね?
AIが作ってそれを原作者が推敲したら、それが一番のような気がします。

X(Twitter)より引用

まとめ

・「セクシー田中さん」の脚本を相沢友子が担当していたが、9~10話を芦原妃名子が担当することとなり、それに対して相沢友子等、複数の人物が暗に批判のコメントをSNSを通じて行い、芦原妃名子の自殺に繋がったと報道があった。
篠﨑 絵里子(しのざき えりこ)は、1967年生まれの横浜国立大学教育学部音楽科卒業の脚本家であり、相沢友子のSNSでの芦原妃名子への誹謗中傷に対して、それに賛同するかのような発言をSNS上でしている。

・それが自殺に繋がったといわれている。

スポンサーリンク
雑記
takutoをフォローする
トレンドニュースをいち早くお届けします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました