超ポーカーフェイス?垣永真之介選手ラグビー日本代表についてまとめてみました

スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

垣永真之介のプロフィール

名前:垣永真之介
出身地:福岡県福岡市
生年月日:1991年12月19日
身長:180cm
体重:115kg
出身高校:東福岡高校
最終学歴:早稲田大学
ポジション:プロップ(3番)
所属チーム:サントリーサンゴリアス
 
特徴:少年時代は抜群のボールキャリー能力で周囲を圧倒しており、FWバックファイブとして活躍していました。その力はタイトヘッド・プロップとなった現在でも強みのひとつとなっており、試合中に大声で周囲の仲間たちを鼓舞するムードメーカーです!
趣味:バイク愛好家。ハーレーに乗られています。「Kakky Motercycle Club Mr perfect chubby boy」というバイクサークルを運営しているようです。

ラグビーをはじめたきっかけは?

幼稚園の先生から「何かスポーツをやらせた方が良い」と親がアドバイスを受けて、6歳からラグビーを始めています。ラグビーと並行して、ソフトボールも3年間やっていて、福岡ダイエーホークスの試合を週に2回くらい観に行くくらい野球好きだったそうです。他にも6歳から12歳までバイオリンを習っていたという異色の経歴もありました。

垣永真之介選手のSNSは?

ブラウザーをアップデートしてください | Facebook

妻は超がつく美人?

結婚相手は一般人とのことで情報が出てきませんでしたが、instgramの画像を見る限り顔の整った美人なことがわかります。

垣永真之介選手の中学・高校は?

小学校は明らかではありませんが、幼稚園まで福岡にいて、ラグビーを始めた時には神奈川県に住んでいたそうです。小学1年の時にまた福岡に戻っています。東福岡高校に進学後、高校1年生から公式戦に出場し、高校選手権で優勝。高校2年時は、ニュージーランドに半年間ラグビー留学し、花園ではベスト4。高校3年時はキャプテンを務め、2度目の優勝を経験しています。また、2009年度高校日本代表に選出されています。
高校卒業後は大学ラグビーの名門である早稲田大学に進学し、大学4年時にはキャプテンを務めています。当時の大学選手権は帝京大学が圧倒的に強く、大学4年時の準優勝が最高成績となりました。

垣永真之介選手の経歴について

大学卒業後、「アタッキングラグビーが自分のプレースタイルに合っている」と感じて、サントリーサンゴリアスに加入しています。
ラグビー日本代表には2015年のラグビーワールドカップでは最終候補まで残ったが落選してしまい、バックアップメンバーとしてチームに帯同しています。
スーパーラグビーの日本チームサンウルブズの2016年スコッドに入ったもの、翌年には右膝を大けがして、戦線を離脱しています。

まとめ

・垣永真之介選手は福岡県福岡市出身のサントリー所属ので日本代表。
・少年時代は抜群のボールキャリー能力で周囲を圧倒し、FWバックファイブとして今でも活躍しており、試合中に大声で周囲の仲間たちを鼓舞するムードメーカー。
・趣味はバイクでハーレーに乗られており、「Kakky Motercycle Club Mr perfect chubby boy」というバイクサークルを運営している。
・結婚していて、奥さんは美人な一般人の方。
・日本代表一のポーカーフェイスで盛り上げキャラ。
タイトルとURLをコピーしました