大阪市生野区でだんじり練習中に死亡した男性の家族構成は?

ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク

10月8日、大阪市生野区だんじり祭りの練習中に、だんじりがガードレールに衝突し、一人の男性が死亡する事故が発生しました。
今回の記事ではその男性の家族構成について紹介していきます。

スポンサーリンク

事故があった場所はどこ?

事故が起こったのは10月8日午後6時10分頃、

大阪市生野区桃谷の路上でだんじりの試験比曳きが行われていたが、その際、だんじりとガードレールの間に挟まれ、佐古吉隆さんが病院に搬送されました。その後、病院にて死亡が確認されています。

だんじりの起源は?

はじまりは、約300年の歴史と伝統を誇る「岸和田だんじり祭」は、元禄16年(1703年)、時の岸和田藩主岡部長泰(おかべながやす)公が、京都伏見稲荷を城内三の丸に勧請し、米や麦、豆、あわやひえなどの5つの穀物がたくさん取れるように(五穀豊穣)祈願し、行った稲荷祭がその始まりと伝えられています。

当初の祭礼は、「にわか」や狂言などの芸事を演じ、その後に三の丸神社、岸城神社へ参拝したようである。

引用:岸和田市HP

佐古吉隆さんご家族は?

佐古吉隆さんの家族構成は公表されていませんが、52歳であり、Facebookでは独身となっていました。

Facebookアカウントを発見できましたが、出身校は大阪産業大学工学部と、技術系メーカーで数多くのOBを排出する理系学部です。
偏差値は50程度と言われています。

SNSアカウントは?

ブラウザーをアップデートしてください | Facebook
このページを見るには、ログインまたは登録してください
Facebookで投稿や写真などをチェックできます。

通夜・葬儀は日時は?

10月9日時点では、葬儀・通夜・お別れの会等の情報についてこれといった情報はでてきませんでした。一般的に通夜・葬儀は3~4日で終わらせることが多いですよね。特に情報等が出ていなかったので、未定である可能性が高いです。分かり次第、UPしていきます。

まとめ

10月8日、大阪市生野区でだんじり祭りの練習中に亡くなったのは52歳の佐古吉隆さん。独身で大阪産業大学工学部OB。家族構成は不明となっています。

タイトルとURLをコピーしました