神田秀実(ひでママ)の死因は肝硬変による発熱?

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2023年11月25日に、バー経営者である神田秀実さんの死去が報じられました。

神田秀実さんは「ひでママ」という愛称で親しまれている動画配信者でもあります。

ひでママの死因は一体何だったのでしょうか。

本記事では生前の神田さんの病気や病歴についても調査しました。

スポンサーリンク

【訃報】神田秀実(ひでママ)の死去が報じられる

年齢的にはまだ若く突然の訃報だったこともあり、ファンからは悲しみの声が寄せられています。

親族から死亡が報告されたひでママですが、詳しい死因については明らかにされていません。

しかし、ひでママは2022年11月に肝硬変と診断されたことを告白していたのです。

原因は肝硬変?

本件について調べてみると、具体的な原因は公表されていないようです。

しかし、神田さんは生前、「胃に静脈瘤ができていた」と告白をされております。

さらに、亡くなる直前の2023年11月23日には、胃に静脈瘤が出来ていたことも明かしていました。

確かに、以下の画像を見ると、別人のように激ヤセしていることが分かります。

下記ツイートによると、かきを大量に食べてそれからくる肝硬変による熱があったとのことです。 そして、HCU(高度治療室)に入られてたとのこと。

また、亡くなる前日の11月23日には自宅で倒れ緊急入院となっていますがその際の症状は、以下のとおりとなっています。

①同日の朝方に体調不良
②痙攣して倒れていた
③ろれつが回らない
④肝硬変からくる熱があった

肝硬変とは?

肝臓の機能が保たれている「代償性」と呼ばれる時期は基本的に無症状ですが、以下のような症状が現れることがあります。

  • 食欲不振
  • 全身がだるい

肝硬変が進行し「非代償性」と呼ばれる状態になると、以下のような症状がみられます。

黄疸・・・ビリルビン(通常は肝臓で代謝される黄色い色素)が体内で増加することで皮膚や白目が黄色くなります。

肝性脳症・・・血液中に有毒なアンモニアが増え、意識障害を中心とした様々な症状が現れます。重症の場合には昏睡状態に陥ります。

腹水・浮腫・・・血液中のタンパク質(アルブミン)が減少することで、お腹や手足に水が溜まります。

食道胃静脈瘤・・・肝臓が硬くなることによって、血液が本来とは違う血管に流入し、食道の静脈などに血液が溜まるこぶの様なものができます。

肝硬変の症状 – 肝臓の病気 | よくわかる肝臓の病気「疾肝啓発」 (aska-pharma.co.jp)

肝性脳症の症状が血液中に有毒なアンモニアが増え、意識障害を中心とした様々な症状が現れます。重症の場合には「昏睡状態に陥ります」 とあるので、こちらである可能性が考えられますね。

世間の反応は?

53歳という若さで急逝し多数の配信者が弔問に訪れた
胃の静脈瘤の手術などを控えており年末までには帰ってこれると話していた
直接的な死因は医師や家族からは知らされておらず遺体解剖なども行わない方針
一説では近々で生牡蠣3パックを茹でて食べたのが原因との話もある

X(Twitter)より

まだ実感ないわ どーしたの 本当に急すぎて
動画見てたら、、、、、 本当実感ないけどママゆっくり休んでください
ご冥福をお祈りいたします

X(Twitter)より

2人ともいい笑顔です🥺
ひでママ😭
師匠はたくさん生きてください

X(Twitter)より
雑記
トレンドニュースをいち早くお届けします!
タイトルとURLをコピーしました